factAM

日記

だんだん寒くなってきた

 寒い。もう秋だからだ。寒い。

 もう10月ということは、2019年ももう二ヶ月足らずで終わりということだ。早い。びっくりするぐらい早いのでまだ事実と受け入れ難いけど、最近の気温の変化で本能的に冬の訪れを感じざるを得ないのでもう認めるしかないんだなぁ。

 今年も本当に何もしてないので別に何も書くこともない。去年も何もしてなかったけど、虚無の度合いで言えば2019年は近年まれに見る虚無だ。本当に、自分が何してたか全く空っぽ。全く何にも出来事が起こらなかったわけではなく、日々の暮らしの中でなんというか、面倒な問題とかは色々おきてはいたものの、別にそれが自分自身にとってめちゃくちゃ重大なことではないので、やっぱり何もなかったなぁという実感になる。

 親指シフトはまだ続けている。続けているといっても基本的に文章入力する機会が検索窓に検索ワードを打ち込むぐらいしかないので少しは成長したかと言われたら全然だ。この程度の長さの文章を書こうとしただけでめちゃくちゃつっかえる。「やゆよ」と「ゃゅょ」の位置とか「ぼ」と「ぽ」とか、よく間違える。「か」と「た」とかも。しかし親指シフトの1打鍵一音は確かに気持ちいいけど、頭の中の思考もいちいちひらがな一文字ずつで区切られる感じがする。もっと慣れればそれも解消されるんだろうけど。やっぱりちょっとめんどくさい。あと、タイプミスした時のイライラ感がローマ字入力の時よりはるかに大きい気がする。何でだろう。