読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ。あと文章力無くてヤバい。他

 なんかメールで一ヶ月位ブログ書いてないからそろそろ書こうよ! みたいなこといわれたので書くことにしたけど、別に書きたいことは特に無いので考えながら書くことにする。

 文章が下手だからどうにかしたい、みたいなエントリを何度か書こうとしてるんだけど、困ったことに文章が下手なので書けない。増田の方で文章力無いからやばくて困るみたいなのを以前書いたけど、自分の言いたいこととはまた違った気がする。やばいやばい。それで、何を書くか決まらない。何でも良いけど。

 そういえば最近小説を書き始めた。まだ一万字とちょっとなんだけど、もうやばい、文章下手すぎてやばい、言葉とかなんか表現とか全然出てこないし台詞とか全然なんかアレだしだめだ。

 つかれた。

 それで、何だっけ。何でも良いんだけど、まあ、文章書くときにこの「まあ」、ってのを無駄に多用する癖があることに最近気づいた。あとは「別に」、とか「とか」、とか。何言ってるのかよくわからなくなってきたが。

 そうだ。さいきんタッチタイピングの練習をしている。なぜしているのかというと、なんか自分はタッチタイピングができる人だと思ってたけど、最近意識してやってみたら全然できなくてびっくりしたからだ。はい。それで、二週間ぐらい続けてみたところ、良い感じになってきて、文章入力速度も格段に上がった気がする。すごい。すばらしい。でも別に書きたいことはないが。

 それで、またちょっとつかれた。

 そうだ、文章書けないって増田を投稿したときに、毎日書くことが大事だみたいなことを言われて。まあたぶん言われたはずだけど。たぶん。それで、毎日書いたかというともちろん全然書いていないが。ともかく今は書いているからもうそれはよくって。

 なんだっけな。

 そうだ、小説を書いている。ミステリー小説になる予定で、十万字ぐらいを目標にしているけど、トリックとかもう問題外だしトリック以前になんて言うか小説としてというか文章としてまともな物になっていないからだめだ。読み返してもなんか明らかに破綻してる。ことばがうまく繋がってないし、馬鹿みたいな表現になってたり。もうなんかヤバくてアレだ。ヤバい。とりあえずヤバいとだけ言っておく。それで。つかれた。指釣りそう。左手の小指ヤバいなんか疲れる釣りそう。ヤバい。

 で、だけど、そのミステリー小説はね、女子大生がある人のマンションでバラバラ死体を見つけるという。まあそれだけで、まあ書いてて悲しくなるくらいに何も書けないんだけど、まあいいんだそれは。いいんだ。でも書き上げたらカクヨムにでも投稿したい。それをささやかな希望にしている。はあ、千字を超えたので疲れた。

 最近スティーブンキングの「書くことについて」という本を読んで。まあ以前一回読んだのをちらっと流し読みしてるだけだけど、とても良い感じでね、なんか勇気づけられるかんじがあってね、自分も何か書いてみたいという、わくわくさせる気持ちがわいてくる、とても良い感じの本でした。はい。でも自分、スティーブンキングの本はほかに一冊も読んだことがなくて、いつか読もう。はい。疲れた。

 いまちょっと見返す気になれないんだけど、この文章今のところすごく少ない語彙と言い回しで構成されてる気がする。難しい言葉をしゃべってみたいけど、ちょっと出てこない。この前芥川の短編ちょっと見てなんか難しい言葉があった気がするけどちょっと出てこない。あー。メモしたはずだ。してなかっったかも。どっちだ。えー。なんだっけな。「なげやりにしておく」みたいな感じの意味だった。「秋」って短編の冒頭。

 閑却(かんきゃく)でした。

「いいかげんにしておくこと」という意味だそうです。

 調べるのに時間を止めたら。いや時間は止めてない。書く手を止めたんだ。で、止めたら、何を書こうとしてたのかよくわからなくなったんだけど、そもそも別に書きたいことがあったわけじゃなかったな。はい。えー。

 で、何かぐだぐださっきから同じことを頭を使わずにぐるぐるぐるぐる言っているだけで、もうなんか、ねえって気にさせられるなんだもう知らんけどせっかくだからもうちょっと書きたい。

 はあ、今手元に——いまの「はあ」ってののあとの点は読点じゃなくて句点にしたかったけど後戻りするのめんどくさい。そういえば自分は句読点、つまり点と丸がよくどっちがどっちかわからなくなるんだけど。句点は丸で読点は点なんだよね、でも普通文章でどっちが先に出るかっていったら点が先で丸が後じゃん。だからなんか昔っから逆にしてくんないかなあってずっと思ってるけどどうでもいい——今、手元に紅茶がある。半分のみかけの——半分飲みかけって意味が成り立ってない気がする。どういえばいいんだ。飲みかけで、カップの半分?だめだわからなくなってきた。飛ばそう。とにかく紅茶がある。左手にある。右手にはマウスがあるけど、今は触ってない。それで。今入力してるのはMacBookの12インチで大変よい。何がよいかって、音がしないからです。ファンレスなんです、この子は、しかも色がスペースグレーでかっこいい。しかも薄い。去年買ったのよ。マックは初めてだったけど、とっても使いやすくって買ってよかった。ここ一番で一番満足した買い物かもしれないわー。いや、ここ一年どころかここ五年かな。まあいいや、それまではずっとウィンドウズのPCでこれの前は11インチの安めのノートPC。でも値段の割に性能はよかったのでそんなにだめな子ではなかった。でも値段の割に性能が良いと言うことはたぶんどっか別のところにコストカットされていたんだろう。液晶がね、ギラッギラだった。もう見づらい、使ってた当時はそこまで気にならなかったけど、今のマックと比べると、もう目が潰れルーって気になってやばい。

 さて、これで何字か。二千字超えたので頑張ったなあって気分になってきたんだけど。別に何か書いてる感じでもないので何かなあ。あーそして。いまははてなブログの投稿画面で書いている。はい。投稿画面なのでなんか横の方にいろいろあったりする。終わる。

 書き始めたの何時だったっけ。まあいいや。それでさっきタッチタイピングの練習してたっていったけど、成果はかなり上がったなってここで実感してる。うん。確実に入力速度が上がった。驚くぐらいに。前はちょっと手元見ないときついなって場面がたびたびあったんだけど、今は全然そんなことはない、たぶん。癖でちょっと見るけど。で、もうなんか何でも良い感じの気分になってきたが。そういえばさっき言ったスティーブンキングの書くことについての中で気に入った文章があって、それを引用したいけど、今席を離れるのもめんどくさいのでどうしよう。だいたいこんな感じの文章だったけどってのはあるけど、ちょっと確かめよう……。

遺体は死んでいるのだ。そんなに頑張らせる必要はない。 

 はい。良いなあって思った。文章を書くときに受動態を使いすぎるなって話しの中で出てくるんだけど。それとは関係なくなんか好き。ちょっと今の説明じゃ足りないか? つまり、死体を主語にして死体は何何されてーみたいな言い方はやめろって感じの話で出てきた名文句ですね。まったくだ。死んでるのに。そんなに頑張らせてどうする。可哀想だよ。はあ。よかった。もう考えれば考えるほどこの一文のために呼んでよかったって気になってきそうでヤバいな。名文過ぎる……。はあ……。で、なんだっけ。そうそう。別に何だっけも何もないんだ。で、でもまだちょっと続けたいなあ。だから、まあ、今小説を頑張って書こうとしてるという話をしたけど、そこにこの死体をいたわる一文を挟んでみたい。まあそれだけだ。あほらしい。いやあほらしくない。とても感動したんだ。そうだ。そうだ!

 疲れた。何だっけ? 別に何でもないんだけど。まだ書きたいことがある気がする。珍しいじゃないか自分。しかしさっきから左手の小指が突っ張りそうで突っ張りそうで、ちょっと休むという手もあるけど。そろそろ夕飯も食べたい。でもあんまり中断すると止まりそうだな。まあ、止まって良いんだけど。

 ひとつ前のエントリーで、iPhone7買うみたいなこと言ってたけど、それは買ってない。なんかめんどくさいし。プラスの128gb欲しいんだけど。一括で買う金がない。で、分割で買えば良いじゃんって思ってたんだけど。こんどは審査がね、もんだいになるわけだ。あのね、自分はニートなので、稼ぎがないんですね。それで、どうやら調べたところ、スマホの分割でも金額が10万を超えるといろいろ審査の内容も厳しくなると聞きまして。年収も聞かれるとか。そりゃやべーな無理じゃんってなってね、じゃあ32gbのにするかってなったけど、こんどは32gbはストレージの書き込み速度やら何やらが遅いと聞いてね、それはなんかなーってなりまして、じゃあプラスじゃない普通のにしようかってなったんだけど、そこでニートのくせにiPhon7とか図々しいじゃねーかという気分になったので 買ってないし買わないかもしれない。でも金額計算したら別に今使ってるiPhone5sとほとんど価格かわんなさそうでそれもなんかなあってきもするけど。MVNOに乗り換えるという手もあるけど。なんか解約料とかかかりそうだし。だからもう考えるのはやめた。

 はあ。つかれた。もうここでやめようかな。なんかまだはき出したいんだけど。でも何かはき出せてるのか? 自分。ちょっと読み返す気にもなれないけど。まあ、4000字まで書こうとか思う。

 でも何か書くことあったかなあ。自分ニートでほとんど引きこもりだから。何もないのなあ。そうそうさっきスーパーで買い物してきて、だから引きこもりだといった次に買い物したとかなんかアレだけど、とにかく買い物してきて、森永の半熟ショコラってお菓子を買ってね、これがなかなか美味しかった。焼き菓子チョコなんだけどふわっとしてね。まさに半熟。前にトゥゲッターのPRまとめをみてまんまと買いたくなっちゃったわけだけど。まあ美味しかったのでよかった。

 はあ。あとはアクエリオン見たんだよとか、アクエリオンEVOL見てるんだよとか。あることはあるけど、ちょっとテンション下がってきた。どうでもいいけど、いや、どうでもよくないけど。なんか適当な文章挟んじゃうのやめた方が良いな。まあ、ともかく。森博嗣は——いま森博嗣と打とうとしてちゃんと変換されなかったのはATOKはここらへんはすぐには出てこないんですね——森博嗣は一時間に6000字もタイプすることができるとか。すごい。「小説家という職業」でいってました。じぶんはどうだ。いまどんぐらいのペースで入力できてるのかな。いま、まあこんな管巻いた文章と森博嗣の小説執筆スピードを比べるなという感じではありますけども、はい。えーでは。なんだっけ。今六千字っていったせいで六千字まで書こうと思ったけど、どうしよう。はあ。つかれた。小指がきついんだけど、これはタイピングを繰り返すうちになれていく物なのだろうか。はあ。で、そうそう、小説を書いているってさっき書いて、でも今日はその小説を書いていない。なぜならば、なんか、上手く書けなくて悲しい気持ちになったからだ。はあ。べつに小説家になりたいわけじゃない。いや、これは嘘だ。ほんとはワナビなのであこがれは人一倍強い。が、まあ、現実的に目指してるわけではないけど、でも上手く書けないのは悲しい。そもそも今までろくに文章書いてきたわけじゃないだろってことなんだけど、それにしたってひどい物しか書けない。書いてる内容の質が悪いという以前の問題で、日本語としてちょっと大丈夫なの君あたま平気ですかーみたいな感じになってくる文章なので悲しみヤバいーまじー。五臓六腑に染み渡る—。はー!

 で、書けない書けない言っても仕方がないので、書きたいとは考えているんだけど。まあ当然気持ち的になかなか進まない。……しかしほんとに自分はアウトプットできる言葉が少ないなあ。インプットはもっと入ってると思うんだけど。高校のころも国語は得意だったんだけど。全国模試で十番ぐらいにはなったのよって思ったけどもしかしたら記憶のねつ造の可能性も高い。でも学年で2番にはなった。これも微妙だな。高校はそんな進学校でもなかったし。中堅校で、中の上か上の下ぐらい?まあとにかく。読み取るのは得意だったんだけど、アウトプットが絶望的に苦手でした。なのでね、マーク式だと余裕なのよ。現代文だと満点だって取れたぜ。まあべつにいいやそれは。で、問題は筆記でね、とたんにわからなくなるのよ。上手く書けないの。回答が。だから結果的に国語が得意だったかと言われたら苦手でした。はい。で、何が言いたいんだっけ? もうよくわからない。そう、とにかく書けないという話しでした。はい。だから、まあ、作文の時間とかでもね、もう本当につらい。何も書けない。今も書けない。この、書けないという、書けなさという物を、文章で表現しようとするのはすごく難しい。だって書けないんだもん。足し算の足しざんっぷりを足し算の中で表現するよりもはるかに難しい。こういう風に、上手いこともいえないわけで参るね。まあどうでもいいことです。

 つかれたつかれた。でも何かまだ書きたい。何も書くことなどないのに書きたいという気持ちは強いというのがだんだん自覚できてきた。だから書けないと言い続けるしかないんだけど。悲しいね。まあべつにいいや。で、書けない書けない言い続けるのも書いてて飽きてきたので、そろそろ別の話に移りたいんだけど、何かないか何かないか。うーん。思いつかないぞ。字数稼ぎみたいになってきたぞ。うーん。ちょっとまって。ちょっと……。

 そうそう。写経という物をご存じだろうか。写経。あの、お経とかをね、お坊さんが修行で移すやつですけれどもね、それをね、まあ、小説書きたいです!ってインターネットで言うとよくすすめられる練習方法のひとつでしてね、この場合はお経を写すんじゃなくて、小説を写すわけですから、写経じゃなく写小説?写文?とかいったほうがいいのかもしれないけど、まあみんな写経写経言いますわな。で、わたしもやりましたがな、ほんまやで、写経しましたがな、一回目は芥川龍之介の「河童」写したりましたがな。ほんまやで? 河童。知ってはりますか?河童が出てくる話やで。河童。河童がどうしたって?ワイもぎょうさんおぼえてませんわもう。えー。で、河童を写そうとしました。数年前の話しですけどね。このときは原稿用紙に、たしか万年筆で、やろうとしました。河童って確か中編か短編ぐらいだったと思うけど、途中で挫折しました。だってめんどくさいんだよ。書き写すって。手書きですよ。たしか原稿用紙三十枚ぐらいいったところで、なんかうんざりしてやめました。疲れたってのももちろんあるし、それとね、書いてるとね、だんだん一文字一文字写すことに必死になってね、文章全体で何を言ってるのかとか、もー全然どうでもよくなってくるの。じゃあもう意味ねーじゃん的になってやめました。

 ちょっと左手の小指がヤバい。qwertyと日本語入力相性最悪すぎない?ヤバい。それともMacBookのキーボードのせい? たしかに薄いからなあ。パチパチ打ってる感じは強い。たしか新型のMacBookProだと同じ機構だけどもっと良い感じらしい。うらやましいね。あー現在18時42分です。で。ちょっと休む。そういや六千字は突破した。でも話の途中だぞ!ちょっと中断するけど待ってろ!一万字は書いてやるからな!おら!

 左手小指の「酷使」酷使って単語が出てこなかった。ヤバい。しかし左手小指ってaqzとshiftとかぐらいしか普通使わんはずなのに何でここまで疲れてるのって、まあ普段の生活じゃもっと使わないからか?それともタイピングの仕方が悪いのか?それともやっぱりキーボードのせい?

 で、写経の話しだ。まだ続くぞ。つい最近また写経をやった。こんどは小説書く練習とかじゃない。タッチタイピングの練習だ。タッチタイピングしながら文章写す練習をしようとしたのだ。ん?意味がわからない。飛ばそう。で、そう、練習しようとしたんだけど、別にタッチタイピングの練習なら写経じゃなくても良いし、小説写した方が楽しいかと思って始めたんだけど、写経ってやっぱり文章写すのに必死になってないようとか全然あたまに入ってこなかったのでやめた。結果として別にタッチタイピングの練習をするのに小説を写経する必要は無かったし、小説書く鍛錬としても写経は向いてないなってのがわかった。小説書く小説書くさっきから何度も繰り返し言ってるからなんか、ワナビみたいで恥ずかしいな。いや、ワナビか。ニートが小説書くって言ってるんだからそりゃもワナビだわな。はい。あーつかれた。

 で、あとなにか言いたいことないかなー。話題話題。なんかいろいろある気がするんだけど、ていうか最近のアニメの話しとかいっぱいしたい気がする。普段ブログに書くことないとか思ってたけど、思ったより普通にあるって言うこの気づき。大事にしたい。今の一文は自分でもいらっと親しい魔界照子の文章もなんか不愉快の感がある。魔界照子って変換されたけど誰だこいつ。(^-^;)

 あーおなかすいた。

 はあ。とにかく、いったん書いたらなるべく消さない。で続けよう。しかし、毎日書くことで文章力は養われると増田がいってたけど。こんな文章で本当に文章力が培われてくれるのかね。はなはだ疑問であるね、ぼかあ。まあ、とにかく続けよう。今思い出したけど、自分は過去にもこんな感じでむかむかと文章をひたすらか書き散らしたことがたびたびあったな。なんか、2ちゃんねるのスレとかでも。あったきがする。それで、ときどきおもっていまもちょっと思ってるけど、こういう思ったこと直に書き流すようなものだったらずいぶん続くんだなあ。じゃあなんで普段は作文とか書けないのか。まあテーマに沿ったことを思いつかないとか、上手いこと書こうとしても語彙が出てこないとか、まあいろいろあるんだろうけど。やっぱり違うんだろう。文章の種類が。はあ。で。まだ続けるぞ!。でもおなかすいたので休みたいけど、もうちょっと続けたいという感じがあってね、一万語まであとちょっとだよ。こんな文章で一万字書いたところでどうなるという感じではあるけどね。

 で、なんの話題だったっけ? まあいいや19時を過ぎたので食事に行ってきます。

f:id:factam:20161101192947j:plain

何ら脈絡がないが、上はセーラームーンcrystal第三期の月野うさぎの画像です。

 帰ってきた。時刻は19時半ばを少し過ぎたところだ。コーヒーを飲みたい。夕飯はシャウエッセンを一袋ゆで焼いて食べた。そう。私はここに今一人しかいないのだ。寂しい。まあどうでもいい。それより、書きたいこと、というよりも言いたいこと、がいろいろ思いついたと思ったんだけど、何だったかなって気分になる。上手く整理してきれいな文章にまとめようとすると失敗するので、今回はできる限り垂れ流すようにしていきたいけど。しかし中身のない文章だなあ。が、べつにいいだろう。

 

f:id:factam:20161101193426j:plain「Yes!もちろんだとも!」

サンキューキャップ!

 あまり愚痴っていてもしょうが無い。ストレス発散にならないからだ。楽しく行こう。その前にコーヒーを入れたいので席を立つ。まだ立ってないが立つ。よし行くぞ!

 お湯が沸いてないのでわくまで待つ。しかしいったん中断したらなんかめんどくさくなってきた。いかん。まだ一万字まで2千字あるぞ。

 二千字。二千字。大学の頃に書かされたレポートがだいたい約二千字で、いっつもくろうしたんだけど、こういう文章だったら余裕だったなあ。でもまあそれは無理なわけで、まあ、二千字だ。僕はかしこまった気持ちで文章を書こうとすると、いつも混乱してしまう。意味を見失いう。言葉の前後がわからなくなって、最終的に何を言いたいのかわからなくなる。二千字でも例外はない。だから文章を書くのが苦痛で仕方が無い。これはさっき書いた気がする。読み直してないのでめんどくさいな。まあいい。とにかく思考を垂れ流すのなら割と簡単だったなってのが今思った結論でばかばかしいというか小学生並みの感想というやつだなあ。いまちょっと、タッチタイピングをしてるつもりだったのに無意識に目線が手元に言ってた。まだなれてないと言うことだ。とにかく、くだらない日記になった。馬鹿が鼻毛をむしってる方がまだ絵になる。なんだって?差別的じゃないか。ルールタビーユよ。そう。ルールタビーユだ。確かそんな名前だったけど、違った気もするが。あ、まずい。今は19時46分で、あと15分でアベマTVアクエリオンEVOLが始まるので見ないといけない。落ち着かないな。改行をするか?いや。まだだ。とにかく。ルールタビーユ。知っているだろうか。ガストン・ルルーだかいう作家の書いた「黄色い部屋の秘密」だかいうミステリー小説の主人公です。最近読んだんだけど。なかなか面白くてよかったです。はい。とまあこんな感じに終わるので昔から読書感想文とかも苦手だったんだ。おもしろかったです。で終わっちゃうの。でもいまはまだちょっと言いたいことがあってね。その「黄色い部屋の秘密」。まあ有名なミステリ小説ですから。うっかりね、ネタバレを見ちゃった訳なんです。そのネタバレというのは。言って良いのか?まあどうせここまで読むやつもおらんだろうから言うが。「犯人は警察」ていう一言でね。自分は読んでて全然犯人が誰だかわかんなかったのですごくびっくりしたの。びっくりした訳というのはだ。この犯人の警察って言うのが、キャラクターとして名前の与えられていない警察官のことだと思っちゃったの。どういうことかっていうと、事件が起きた現場だから、たぶん書かれていないけどきっと背景にうろうろしてる警官が当たり前のようにいっぱいいてだね、そのうちの一人が犯人だったってことだと思ったの。それでびっくりしてねえ。ひぇーそんなのありかいなと、ね。まあ、実際は違うんだけど。それはただの僕の勘違い。実際の犯人は……まあ言っても良いだろ。別に。犯人は……名前をちょっと忘れたけど、作中でも名探偵として登場してルールタビーユと推理合戦を繰り広げるおじさんのことだったのです。で、まあ、なんで「犯人は警察」といわれて自分がそれに気がつかなかったのかというと、このおじさんずっと探偵として出てくるからさあ、警察だったこと忘れてたの。だって立ち振る舞いもなんか警察っぽくないしさあ。だからまあ、普通に終盤のネタばらしで驚けたので結果的にはよかったんだけど。おっと56分だ。そろそろアクエリオンが始まるぞ。一万字までもうちょっとあるけど。休憩するか?しかしこのworkingのCMなんか気持ち悪い。ほう、恋愛禁止ですか。しかし寒い。暖房をつけようか。いや、つけない。

 アクエリオンを見終わった。しかし風呂に入りたい。風呂を入れている。今は9時2分だ。寒いと手がかじかんで上手くタイピングできないな、しかし……。

 言いたいことはいろいろあるが、しかしたいしたことはいえない。普段物を考えないからだ。馬鹿だからだ。それはそれとして。ちょっと集中力が続かない。だめだ。風呂から上がってからにするか?しかし。

 ブログ書こーってなったのは今日の何時だっけ。メールが届いたのを見たところ五時ごろのようだ。とにかく。あたまの中にの言葉をだいたいそのまま書き写している状態だ。で、まあ、どうでもいいことだ。はあ!お風呂が沸いたのではいる。今は9時10分だ。

 風呂から上がった。今は九時四十分だ。三十分の入浴ですね。で、まあ、入りながらも、今みたいな感じでズーとあたまの中ぐるぐるさせてたんだけど。いろいろ、ここに書く事書きたいこと考えてたんだけど、もうそれは過去のことになってしまって、捕まえておきたかったけど流れてしまった。ふう、つかれた。もういろいろめんどくさきなってきた。しかしせっかくだから一万字まで書いてしまいたい。そこまで書いたところで何か意味があるわけではないけども、記念としたそうしたい。何の記念だ?適当に思いついたまま言ってるだけだから、意味は無い。ひゃあ。あと百文字ですね。まだいろいろと話したいことがある。聞いて欲しいことがある。まあ、ここまで書いてわかるようにたいした中身があるわけでもないわけだけど、しかし、中身のないのに一万字も書けるなら、書きたいことをもっと書けても良いじゃないか自分なんなんだ自分。なんでレポート二千字で書けなくなるの。作文原稿用紙二枚で書けなくなるの。もーいい。目標字数に達した。そして風呂上がりいきなりなせいか左手小指がすごく痛くて肘も痛くて腱鞘炎になりそうなのでここで止める。