読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングが身につかないの

プログラミングが身につかない。

 文字列や数値、リスト、辞書などのデータ型に、四則演算や変数、条件分岐、ループなんかの命令とか、そういった入門書でやるような文法は把握できるんだけど、そこから先がよくわからなかった。

 「おみくじを作ってみましょう」で言われるがままにおみくじプログラムを作ったところで、それがどう、今こうやって目の前で動いてるOSやらブラウザやら普段使ってるソフトにつながっていくのか、そこのところがよくわからなかった。べつにすごい高度なプログラムを作りたいわけではなく、ただあまりにど素人すぎてプログラミングと言われてイメージできるのがそれぐらいのものしかなかった。

 最初にJavaを覚えようと思って入門書を買ったけど、上のような理由に加えて本が重くて分厚くて手に取るのがめんどくさいとか、Eclipseとかいうのをインストールしたけど重い上に何が何だかよく分からんとか、だいたいそんな感じでやる気を無くして放り投げた。

Pythonにした

 その後しばらくしてPythonに興味を持った。名前の響きがなんとなく好みだったしプログラミング初心者にもおすすめらしかったからだ。あとgoogleが好んで使ってるっていうのもなんかそそられた。

 本屋に行って初心者用のPython入門的な本をペラペラ見てみたけど、開発環境導入とか基礎文法程度の情報はネットの入門サイトにいくらでもあるんじゃないかと思ったのでひとまず買うのはやめておいた。

 ネット上のプログラミング学習サイトはなにやらいっぱいあって、プログラミング学習が流行りなんだなあってなるのを確認してから自分もチャレンジングすることになる。

 

 ドットインストール

 有名な動画学習サイトで、とりあえず最初に選ぶとしたらここになる。動画内容は初心者向けで面倒なテストとかもなく、ただ動画を見るだけでコースが終わるのでハードルは低い。でも自分で手を動かさなくても済んでしまうから案外身につかず、終わってみると「あれってなんだっけ?」ってなりやすい。動画を見ながら自分も手を動かしてとなると、けっこう説明が早口なので今度はついていくのがちょっとめんどくさい。あとpython動画はあくまでpython言語の文法についての講座だったので、結局プログラミングってどうすんのよってところであまりピンとこなかった。